業績集

英文原著 (2016)

  1. Yasuo Harigaya, Takashi Matsukawa, Yukio Fujita, Kazuyuki Mizushima, Hiroyuki Ishiura, Jun Mitsui, Shinichi Morishita, Mikio Shoji, Yoshio Ikeda, and Shoji Tsuji. A novel GBE1 mutation in a Japanese family with adult polyglucosan body disease. Neurol Genet April 2017 vol. 3 no. 2 e138
  2. Miki Y, Yoshizawa T, Morohashi S, Seino Y, Kijima H, Shoji M, Mori A, Yamashita C, Hatano T,Hattori N, Wakabayashi K. Neuropathology of PARK14 is identical to idiopathic Parkinson's disease. Mov Disord. 2017 Feb 17. doi: 10.1002/mds.26952. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 28211602.
  3. Ueno Y, Nagaoka M, Nakamura T, Abe N, Nakata T, Wakasaya Y, Matsubara E, Kawarabayashi T, Shoji M, Increases in plasma Aß40 levels and the Aß40/42 ratio in patients with diabetes mellitus and dementia.Hirosaki Medical J 2016; 66(2-4): 110-119
  4. Furukawa K, Tomita N, Uematsu D, Okahara K, Shimada H, Ikeda M, Matsui T, Kozaki K, Fujii M, Ogawa T, Umegaki H, Urakami K, Nomura H, Kobayashi N, Nakanishi A, Washimi Y, Yonezawa H, Takahashi S, Kubota M, Wakutani Y, o D, Sasaki T, Matsubara E, Une K, Ishiki A, Yahagi Y, Shoji M, Sato H, Terayama Y, Kuzuya M, Araki N, Kodama M, Yamaguchi T, Arai H.  Randomized double-blind placebo-controlled multicenter trial of Yokukansan for neuropsychiatric symptoms in Alzheimer’s disease. Geriatr Gerontol Int. 2017 Feb;17(2):211-218

英文原著 (2015)

  1. Uruha A, Hayashi YK, Oya Y, Mori-Yoshimura M, Kanai M, Murata M, Kawamura M, Ogata K, Matsumura T, Suzuki S, Takahashi Y, Kondo T, Kawarabayashi T, Ishii Y, Kokubun N, Yokoi S, Yasuda R, Kira JI, Mitsuhashi S, Noguchi S, Nonaka I, Nishino I. Necklace cytoplasmic bodies in hereditary myopathy with early respiratory failure. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2015 May;86(5):483-9

英文原著 (2014)

  1. Maruyama N, Fujiwara K, Yokoyama K, Cerrone C, Hasegawa H, Takagi K, Nishizawa K, Uki Y, Kawarabayashi T, Shoji Y, Ishimoto M, Terakawa T. Stable accumulation of seed storage proteins containing vaccine peptides in transgenic soybean seeds. J Biosci Bioeng. 118: 441-447, 2014.
  2. Miyashita A, Wen Y, Kitamura N, Matsubara E, Kawarabayashi T, Shoji M, Tomita N, Furukawa K, Arai H, Asada T, Harigaya Y, Ikeda M, Amari M, Hanyu H, Higuchi S, Nishizawa M, Suga M, Kawase Y, Akatsu H, Imagawa M, Hamaguchi T, Yamada M, Morihara T, Takeda M, Takao T, Nakata K, Sasaki K, Watanabe K, Nakashima K, Urakami K, Ooya T, Takahashi M, Yuzuriha T, Serikawa K, Yoshimoto S, Nakagawa R, Saito Y, Hatsuta H, Murayama S, Kakita A, Takahashi H, Yamaguchi H, Akazawa K, Kanazawa I, Ihara Y, Ikeuchi T, Kuwano R. Lack of genetic association between TREM2 and late-onset Alzheimer’s disease in a Japanese population. J Alzheimers Dis; 41: 1031-1038, 2014.
  3. Uruha A, Hayashi YK, Oya Y, Mori-Yoshimura M, Kanai M, Murata M, Kawamura M, Ogata K, Matsumura T, Suzuki S, Takahashi Y, Kondo T, Kawarabayashi T, Ishii Y, Kokubun N, Yokoi S, Yasuda R, Kira JI, Mitsuhashi S, Noguchi S, Nonaka I, Nishino I. Necklace cytoplasmic bodies in hereditary myopathy with early respiratory failure. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2014 Sep 24. Epub ahead of print.

英文原著 (2013)

  1. Matsubara E, Takamura A, Okamoto Y, Oono H, Nakata T, Wakasaya Y, Kawarabayashi T, Shoji M. Disease modifying therapies for Alzheimer’s disease targeting Aβ oligomers: implications for therapeutic mechanisms. Biomed Res Int. 2013;2013:984041. doi: 10.1155/2013/984041. Epub 2013 Aug 26. (2.88)
  2. Mizuno Y, Nomoto M, Kondo T, Hasegawa K, Murata M, Takeuchi M, Ikeda J, Tomida T, Hattori N; Rotigotine Trial Group. Transdermal rotigotine in early stage Parkinson’s disease: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Mov Disord. 2013 Sep;28(10):1447-50. doi: 10.1002/mds.25537. Epub 2013 Jun 25.
  3. Miyashita A, Koike A, Jun G, Wang LS, Takahashi S, Matsubara E, Kawarabayashi T, Shoji M, Tomita N, Arai H, Asada T, Harigaya Y, Ikeda M, Amari M, Hanyu H, Higuchi S, Ikeuchi T, Nishizawa M, Suga M, Kawase Y, Akatsu H, Kosaka K, Yamamoto T, Imagawa M, Hamaguchi T, Yamada M, Moriaha T, Takeda M, Takao T, Nakata K, Fujisawa Y, Sasaki K, Watanabe K, Nakashima K, Urakami K, Ooya T, Takahashi M, Yuzuriha T, Serikawa K, Yoshimoto S, Nakagawa R, Kim JW, Ki CS, Won HH, Na DL, Seo SW, Mook-Jung I; Alzheimer Disease Genetics Consortium, St George-Hyslop P, Mayeux R, Haines JL, Pericak-Vance MA, Yoshida M, Nishida N, Tokunaga K, Yamamoto K, Tsuji S, Kanazawa I, Ihara Y, Schellenberg GD, Farrer LA, Kuwano R. SORL1 Is Genetically Associated with Late-Onset Alzheimer’s Disease in Japanese, Koreans and Caucasians. PLoS One. 2013;8(4):e58618.

英文原著 (2011-2012)

  1. Takamura A, Sato Y, Watabe D, Okamoto Y, Nakata T, Kawarabayashi T, Oddo S, Laferla FM, Shoji M, Matsubara E. Sortilin is required for toxic action of Aβ oligomers (AβOs): Extracellular AβOs trigger apoptosis, and intraneuronal AβOs impair degradation pathways. Life Sci. 2012 Dec 10;91(23-24):1177-86.
  2. Kakuda N, Shoji M, Arai H, Furukawa K, Ikeuchi T, Akazawa K, Takami M, Hatsuta H, Murayama S, Hashimoto Y, Miyajima M, Arai H, Nagashima Y, Yamaguchi H, Kuwano R, Nagaike K, Ihara Y; the Japanese Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative. Altered γ-secretase activity in mild cognitive impairment and Alzheimer’s disease. EMBO Mol Med. 2012 Apr;4(4):344-52.
  3. Abe K, Ikeda Y, Kurata T, Ohta Y, Manabe Y, Okamoto M, Takamatsu K, Ohta T, Takao Y, Shiro Y, Shoji M, Kamiya T, Kobayashi H, Koizumi A. Cognitive and affective impairments of a novel SCA/MND crossroad mutation Asidan. Eur J Neurol. 2012 Aug;19(8):1070-8.
  4. Watanabe M, Adachi Y, Jackson M, Yamamoto-Watanabe Y, Wakasaya Y, Shirahama I, Takamura A, Matsubara E, Kawarabayashi T, Shoji M. An unusual case of elderly-onset cerebral autosomal dominant arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy (CADASIL) with multiple cerebrovascular risk factors. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2012 Feb;21(2):143-5.
  5. Takamura A, Okamoto Y, Kawarabayashi T, Yokoseki T, Shibata M, Mouri A, Nabeshima T, Sun H, Abe K, Urisu T, Yamamoto N, Shoji M, Yanagisawa K, Michikawa M, Matsubara E. Extracellular and intraneuronal HMW-AbetaOs represent a molecular basis of memory loss in Alzheimer’s disease model mouse. Mol Neurodegener. 2011 Mar 6;6(1):20.
  6. Takamura A, Kawarabayashi T, Yokoseki T, Shibata M, Morishima-Kawashima M, Saito Y, Murayama S, Ihara Y, Abe K, Shoji M, Michikawa M, Matsubara E. Dissociation of β-amyloid from lipoprotein in cerebrospinal fluid from Alzheimer’s disease accelerates β-amyloid-42 assembly. J Neurosci Res. 2011 Jun;89(6):815-21.
  7. Wakasaya Y, Kawarabayashi T, Watanabe M, Yamamoto-Watanabe Y, Takamura A, Kurata T, Murakami T, Abe K, Yamada K, Wakabayashi K, Sasaki A, Westaway D, Hyslop PS, Matsubara E, Shoji M. Factors responsible for neurofibrillary tangles and neuronal cell losses in tauopathy. J Neurosci Res. 2011 Apr;89(4):576-84.

英文著書

  1. Matsubara E. Lipoproteins and apolipoproteins in Alzheimer’s disease. In Kostner G, Frank S, editors. Lipoprotein-role in health and diseases. Croatia: InTech, 2012: 613-620.

英文総説 (2011-2012)

  1. Shoji M. Molecular Approaches to the Treatment, Prophylaxis, and Diagnosis of Alzheimer’s Disease:Clinical Molecular and Genetic Studies on Alzheimer’s Disease. J Pharmacol Sci. 2012;118(3):345-9
  2. Matsubara E, Takamura A. Molecular mechanism underlying Aβ immunotherapy: implications for the toxic action of Aβ oligomers. J Gerontol Geriat Res. 2012; S2:001. Doi:10.4172/2167-7182.S2-001.
  3. Shoji M. Biomarkers of the dementia. Int J Alzheimers Dis. 2011; 2011:564321. Epub 2011 May 30.

和文原著(2016)

  1. 鷲見幸彦,伊東健吾,東海林幹夫,羽生春夫,尾内康臣,片山禎夫,渡辺千種,鈴木啓介,ZonisamideによるLewy小体型認知症の行動・心理症状への効果の検証-有効性探索試験—.神経治療 2016; 33(4): 566-571

和文原著(2013)

  1. Abe K, Uchiyama S, Matsubara E, Muramatsu S, Atsuta N, Kitagawa K, Iguchi Y, Ooboshi H, Kaji R, Terao Y. IT Network establishment for neuropatients. Rinsho Shinkeigaku. 2013;53(11):1155-8.
  2. 瓦林毅,若佐谷保仁,中畑直子,仲田崇,松原悦朗,東海林幹夫,進行性非流暢性失語の1例.青森県核医学研究会誌,2013; 27: 14-16
  3. 仲田崇, 若佐谷保仁, 中畑直子, 瓦林毅, 石井賢二, 金丸和富, 村山繁雄, 松原悦朗, 東海林幹夫,進行性の失行を伴ったアルツハイマー病の1例.第28回青森県核医学研究会誌,2013; 28: 7-9

和文総説(2016)

  1. 東海林幹夫,脳アミロイドーシスの画像診断.医学のあゆみ 258(6): 710-716, 2016
  2. 東海林幹夫,森啓,常染色体優性遺伝性アルツハイマー病とDIAN研究.医学のあゆみ257(5): 437-443, 2016
  3. 東海林幹夫,MCIとプレクリニカルAD.老年精神医学雑誌 27: 616-623, 2016
  4. 東海林幹夫,遺伝性アルツハイマー病.Clinical Neuroscience 34(9): 975-977, 2016
  5. 東海林幹夫,Dominantly Inherited Alzheimer Network (DIAN),神経治療 (印刷中)
  6. 瓦林毅 東海林幹夫,遺伝が関与する認知症 –主な認知症と遺伝子との関連について レビー小体型認知症.認知症の最新治療 印刷中
  7. 若佐谷保仁,東海林幹夫,結核性髄膜炎のトピックス.Mebio 33(3): 24-30, 2016

和文総説(2015)

  1. 瓦林毅 東海林幹夫,認知症の血液・髄液診断マーカー.Mebio 32(6) 36-45, 2015

和文総説(2014)

  1. 東海林幹夫.脳アミロイド-シスとしてのアルツハイマー病.Brain and Nerve. 66(7): 837-847, 2014
  2. 東海林幹夫.認知症:診断と治療.日本内科学会雑誌.103(3) : 630-636, 2014
  3. 東海林幹夫.神経系の慢性炎症,アルツハイマー病.別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患.3(1): 93-99, 2014
  4. 東海林幹夫.生活習慣病としての認知症に新展開-オーバービュー.腎・高血圧の最新治療.フジメディカル出版.3(4): 189-193, 2014
  5. 東海林幹夫.アルツハイマー病の新たな診断基準.難病と在宅ケア.20(3): 55-58, 2014
  6. 東海林幹夫.認知症のいま-認知症と社会.Brain Nursing. 30(7): 56-68, 2014
  7. 東海林幹夫.認知症のバイオマーカー:診断と予測への貢献.Animus. 81: 17-26, 2014
  8. 東海林幹夫.最新の治療状況と展望.BIO Clinica 29(7): 28-31, 2014
  9. 森啓,東海林幹夫,池田将樹,池内健,岩坪威,嶋田裕之.Dominantly Inherited Alzheimer’s Network (DIAN)研究について.Dementia Japan 28(1): 116-126, 2014
  10. 瓦林毅.神経疾患治療の進歩2013年 認知症の治療の進歩.神経治療学 31(4): 378-381, 2014

和文総説(2013)

  1. 東海林幹夫,認知症の治療薬,臨床と研究,2013; 88: 43-48
  2. 東海林幹夫,最新薬物治療の実際「アルツハイマー型認知症」Clinic Magazine,2013; 530: 37-40
  3. 東海林幹夫,アルツハイマー病による軽度意識障害の診断,からだの科学,2013; 247: 84-87
  4. 東海林幹夫,アルツハイマー病の身体症状と認知症状-症候と検査所見のポイント.Modern Medicine, 2013; 33: 78-81
  5. 東海林幹夫,脳神経疾患における意識障害の特徴と対応,Geriatric Medicine, 2013,51(8): 763-767
  6. 東海林幹夫,生化学的マーカーから見た認知症疾患の鑑別診断,最新医学,2013,68(4),775-782
  7. 東海林幹夫,アルツハイマー病の薬物療法,日本薬剤師会雑誌2013,63,37-41
  8. 東海林幹夫,アルツハイマー病の中核治療(1):抗コリンエステラーゼ薬-ドネペジル,ガランタミン,リバスチグミン,Brain Medical, 2013, 25(1), 7-13
  9. 東海林幹夫,アルツハイマー病とバイオマーカー,Animus,2013,76;38-42
  10. 東海林幹夫,バイオマーカーによるアルツハイマー病の診断.PET journal 2012; 20: 19-21
  11. 東海林幹夫,認知症画像診断の進歩,福島県核医学研究会誌(印刷中)
  12. 松原悦朗,Aß免疫療法の開発.認知症の最新医療,2013; 3: 124-127
  13. 瓦林毅,神経疾患治療の進歩2012年 認知症の治療の進歩.神経治療学 30(4): 392-396, 2013
  14. 瓦林毅 東海林幹夫,アルツハイマー病診断のバイオマーカー-最近の進歩- 血液・CSF中のアミロイドタンパクとタウタンパクおよびリン酸化タウ.老年精神医学雑誌 24(2):119-124, 2013
  15. 瓦林毅 東海林幹夫,特集・アルツハイマー病の早期診断 軽度認知障害 (Mild cognitive impairment; MCI) 臨床認知症 印刷中

和文総説 (2011-2012)

  1. 東海林幹夫,アルツハイマー病のバイオマーカー,ADNI以後.Brain and Nerve, 2012,64: 497-504
  2. 東海林幹夫,その他のバイオマーカー,1) 認知症,日本臨床,2012, 70: 857-863
  3. 東海林幹夫,アルツハイマー病とリバスチグミン.神経内科,2012; 76: 133-140
  4. 東海林幹夫,Alzheimer病の新しい診断基準.神経内科.2012; 77(6): 573-580
  5. 東海林幹夫,1.疾患別診断法の特異性・活用と将来の展望,アルツハイマー病における症候学・画像診断・生化学的マーカー.老年精神医学雑誌,アルツハイマー病診療最前線における課題と展望,増刊号-1.2012, 23 Supple 1, 19-24
  6. 東海林幹夫,プレセニリン変異と家族性アルツハイマー病.脳21, 2012; 15(4): 23-29
  7. 東海林幹夫,バイオマーカーによるADの診断.PET journal 2012 winter; 20: 19-21
  8. 東海林幹夫,What’s new in Top Journal 話題の論文,運動はApoE4による脳アミロイド促進効果を抑制するか?Cognition and Dementia 2012; 11(3): 62-63
  9. 東海林幹夫,今内科薬はこう使う,IV.神経・筋疾患薬,Alzheimer型認知症治療薬,Medicina,2012; 49(11): 244-246
  10. 東海林幹夫,認知症のバイオマーカー:臨床診断と発症予測,日本臨床
  11. 東海林幹夫,アルツハイマー病の身体症状と認知症状.Modern Physician 2013; 33(1): 78-81
  12. 東海林幹夫,アルツハイマー病の新たな診断基準.難病と在宅ケア.2012(印刷中)
  13. 松原悦朗. 【認知症と臨床検査】 認知症と期待される治療. 臨床検査 56;81-83, 2012.
  14. 瓦林毅,東海林幹夫,認知症と臨床検査 認知症の病態.臨床検査 2012; 56(1) 22-30,
  15. 瓦林毅,認知症の治療の進歩.神経治療学,2012; 29(4): 375-379
  16. 瓦林毅 東海林幹夫,1.認知症の診断:アルツハイマー病(AD)を中心に 3)AD診断におけるバイオマーカー Progress in Medicine 32(12): 2557-2562, 2012
  17. 瓦林毅 東海林幹夫,特集・アルツハイマー病の早期診断 軽度認知障害 (Mild cognitive impairment; MCI) 臨床認知症 印刷中
  18. 瓦林毅 東海林幹夫,アルツハイマー病診断のバイオマーカー 血液・CSF中のアミロイドタンパクとタウタンパクおよびリン酸化タウ 最近の進歩 老年精神医学雑誌 印刷中
  19. 東海林幹夫,脳アミロイドアンギオパチーと認知機能障害.神経内科,2011, 74: 479-484
  20. 東海林幹夫,アルツハイマー病と軽度認知障害.綜合臨床. 2011, 60: 1837-1844
  21. 東海林幹夫,ガランタミン.Geriatric Medicine. 2011, 49: 771-776
  22. 東海林幹夫,臨床診断基準.9月増刊号,アルツハイマー病. 最新医学.2011, 66: 2095-2106
  23. 東海林幹夫,認知症の治療薬.臨床と研究,2011, 88: 691-696
  24. 東海林幹夫,よく見かける認知症疾患,アルツハイマー病:症候と検査所見のポイント.Clinical Neuroscience 2011, 29: 293-296
  25. 東海林幹夫,Pre-MCIとpreclinical AD.②preclinical ADとbiomarker.Cognition and Dementia 2011, 10: 33-40
  26. 東海林幹夫,アルツハイマー病の治療戦略の新展開.6-アルツハイマー病治療薬の副作用対策.-消化器症状および多剤併用療法における注意点-Cognition and Dementia 2011, Suppl 1, 59-62
  27. 東海林幹夫,認知症の診断と治療 室蘭医師会雑誌 2011, 14: 45-48
  28. 東海林幹夫,アルツハイマー病の薬物療法.日本薬剤師会雑誌,2011, 63: 1179-1183
  29. 東海林幹夫,アルツハイマー病:治療における新たな展開.老年期認知症研究会Vol 16, 2009 [online edition]
  30. 東海林幹夫,アルツハイマー病の診断:治療における新たな展開.老年期認知症研究会Vol 17, 2010 [online edition]
  31. 東海林幹夫,アルツハイマー病の診断:治療における新たな展開.老年期認知症研究会Vol 18, 2011 [online edition]
  32. 松原悦朗.知っておきたい認知症の基礎知識 認知症の血清・髄液診断マーカー. Mebio. 2011;28:70-6.
  33. 松原悦朗. 認知症診療-New Standards よく見かける認知症疾患 アルツハイマー病 薬物療法.  Clinical Neuroscience. 2011;29:300-2.
  34. 松原悦朗. 脳と神経を測る アルツハイマー病の髄液バイオマーカー. Brain Medical. 2011;23:241-4.
  35. 松原悦朗. 認知症 認知症根本的治療薬の開発 βアミロイド免疫療法の最新知見. 綜合臨床. 2011; 60:1913-8.
  36. 松原悦朗. 認知症学(上)-その解明と治療の最新知見- 臨床編 認知症の症候学 各論 診断的意義のある神経症状. 日本臨床. 2011;69:305-7.
  37. 松原悦朗. 認知症と臨床検査 認知症と期待される治療. 臨床検査. 2012;56;81-3.
  38. 瓦林毅,神経疾患治療の進歩2011年 認知症の治療の進歩.神経治療学 in press
  39. 瓦林毅,東海林幹夫,認知症と臨床検査 認知症の病態.臨床検査 56(1) 22-30, 2012
  40. 瓦林毅,東海林幹夫,神経疾患治療の進歩2010年 認知症の治療の進歩.神経治療学 28(4) 347-350, 2011
  41. 瓦林毅,東海林幹夫,アルツハイマー病の免疫療法,Mebio, 2011, 28: 114-126

和文著書(2016)

  1. 東海林幹夫,生化学的検査.臨床神経内科学 改訂6版(平山恵造監修)南山堂,東京,2016,846-859
  2. 東海林幹夫,認知症疾患,神経内科学テキスト(江藤文夫,飯島節編),改訂4版.南江堂,東京,2017, 320-340
  3. 東海林幹夫,脳アミロイドーシス(2) Alzheimer病.最新アミロイドーシスのすべて-診療ガイドライン2017とQ&A (安東由喜雄監修,植田光治編集)医歯薬出版株式会社,東京,2017,,220-225
  4. 東海林幹夫,アルツハイマー型認知症.JMEDJ治療法便覧2016〜私の治療〜 日本医事新報社,東京, (印刷中)
  5. 東海林幹夫,最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリング.遺伝子医学Mook,株式会社メディカル ドウ,大阪,(印刷中)
  6. 瓦林毅,東海林幹夫,前頭側頭型認知症の診断と治療.神経内科外来シリーズ/もの忘れ外来 荒木信夫,丸木雄一編 メジカルビュー社,東京,2016, 192-204,
  7. 若佐谷保仁,東海林幹夫,好気性運動負荷試験と阻血下前腕運動負荷試験.ポケット版神経内科検査点・処置マニュアル 阿部康二編 新興医学出版社,東京,2016, 127-130

和文著書(2015)

  1. 東海林幹夫 生化学的検査.臨床神経学 改訂6版 南山堂 東京 2016 (印刷中)
  2. 東海林幹夫 認知症 JMED治療法便覧2016/02/05〜私の治療〜 水澤英洋編,日本医事新報社,2016 (印刷中)
  3. 東海林幹夫 精神・神経疾患の遺伝学研究・診療各論 アルツハイマー病.遺伝子医学MOOK別冊 最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング.戸田達史編 メディカル ドウ 2016 (印刷中)
  4. 東海林幹夫 アルツハイマー病の新たな診断基準 各種難病の最新治療マニュアル.水澤英洋編.日本プランニングセンター,(印刷中)
  5. 瓦林毅 東海林幹夫  前頭側頭型認知症の診断と治療 神経内科外来シリーズ/もの忘れ外来.メジカルビュー社(印刷中)
  6. 若佐谷保仁  東海林幹夫 好気性運動負荷試験と阻血下前腕運動負荷試験 ポケット版 神経内科 検査・処置マニュアル 阿部康二編.新興医学出版社 127-130 2016

和文著書(2014)

  1. 東海林幹夫.バイオマーカー.アルツハイマー型認知症,改訂第2版,最新医学別冊,新しい診断と治療のABC22,最新医学社,大阪,2014, 100-108
  2. 東海林幹夫.専門家に聞く 認知症かもしれないと思ったときの対応を教えて下さい,認知症のベストチョイス. NHK「チョイス@病気になったとき」番組製作班編.主婦と生活社.東京,2014, 80-82

和文著書(2013)

  1. 東海林幹夫,I.症候と鑑別診断,知的機能障害と認知症,今日の神経治療指針 第2版 水澤英洋編,医学書院,東京(印刷中)
  2. 東海林幹夫,レビー小体型認知症,神経・精神疾患診療マニュアル(北川泰久,寺本明,三村将監修),日本医師会雑誌,第124巻,特別号 (2),日本医師会,2013; 197-198
  3. 東海林幹夫,認知症,内科診療にガイドラインを活かす,Medicina 2013増刊号, 2013; 50: 268-274

和文著書 (2011-2012)

  1. 東海林幹夫,CQ V-2 Alzheimer病(AD)の診断基準は?;CQ V-3 Alzheimer病(AD)の画像診断基準は?; Alzheimer病(AD)のバイオマーカーにはどのようなものがあるか;病認知症疾患治療ガイドライン2010.コンパクト版2012: 日本神経学会監修,「認知症疾患治療ガイドライン」作成合同委員会編集.医学書院,東京,2012, 130-136
  2. 東海林幹夫,Alzheimer病(AD)の診断基準が新しく改定された画像診断における特徴的所見を教えてください.診断する上での注意点はありますか? 認知症診療Q&A92 中外医学社,東京,2012, 32-34, 40-42
  3. 東海林幹夫,薬物治療.認知症:神経心理学的アプローチ.辻省次,河村満編 2012, 352-360
  4. 東海林幹夫,アミロイドーシスへの濾過医を深めるための用語集.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業,アミロイドーシスに関する調査研究班(安東由起夫班長編)2012年10月
  5. 東海林幹夫:Part3,アルツハイマー病.別冊NHKきょうの健康「認知症」NHK出版,東京,2012, 38-44
  6. 東海林幹夫,I.症候と鑑別診断,知的機能障害と認知症,今日の神経治療指針 第2版 水澤英洋編,医学書院,東京(印刷中)
  7. 瓦林毅,アルツハイマー病モデル.疾患モデルマウス・ラット活用ハンドブック完全版.秋山徹,河府和義,奥山隆平編,羊土社,東京,??年254-276
  8. 東海林幹夫,CQ V-2 Alzheimer病(AD)の診断基準は?;CQ V-3 Alzheimer病(AD)の画像診断基準は?; Alzheimer病(AD)のバイオマーカーにはどのようなものがあるか;病認知症疾患治療ガイドライン2010.コンパクト版2012: 日本神経学会監修,「認知症疾患治療ガイドライン」作成合同委員会編集.医学書院,東京,2012, 130-136
  9. 東海林幹夫,Alzheimer病(AD)の診断基準が新しく改定された画像診断における特徴的所見を教えてください.診断する上での注意点はありますか? 認知症診療Q&A92 中外医学社,東京,2012, 32-34, 40-42
  10. 東海林幹夫,薬物治療.認知症:神経心理学的アプローチ.辻省次,河村満編 2012, 352-360
  11. 東海林幹夫:Part3,アルツハイマー病.別冊NHKきょうの健康「認知症」NHK出版,東京,2012, 38-44
  12. 東海林幹夫,アミロイドーシス診療のすべて-ガイドライン-完全詳解-.6 脳アミロイドーシス(1)アルツハイマー病.別冊・医学のあゆみ(山田正仁編)医歯薬出版社,東京,2011, 108-130
  13. 東海林幹夫:脳アミロイドーシスに対するAß免疫療法.アミロイドーシス uptodate,別冊・医学のあゆみ(山田正仁編)医歯薬出版株式会社,東京 2011, 33-40
  14. 東海林幹夫:第16章,脳卒中による認知症,脳卒中の内科的治療.弘前大学出版会「脳を知る」シリーズ,第1巻「脳卒中を知る」佐藤敬,若林孝一編 弘前大学出版会,弘前,2011,70-74
  15. 東海林幹夫:症候性てんかん 今日の治療指針 (山口徹,北原光夫,福井次矢)医学書院 東京 2011 p788-789
  16. 東海林幹夫:口部ジスキネジー 今日の治療指針 (山口徹,北原光夫,福井次矢)医学書院 東京 2011 p775
  17. 東海林幹夫:神経内科学テキスト改訂第3版(江藤文夫,飯島節編集)江藤文夫,飯島節編,南光堂,東京,2011, 333-351
  18. 東海林幹夫,認知症臨床研究の動向と展望.日本臨床増刊号 認知症学(上)-その解明と治療の最新知見-,日本臨床社 大阪,2011, 15-21
  19. 東海林幹夫,MCIとその概念,4) coversionとreversion.日本臨床増刊号 認知症学(下)-その解明と治療の最新知見-,日本臨床社 大阪,2011, 486-492
  20. 東海林幹夫,臨床と研究.認知症の治療薬.2011, 88: 43-48
  21. 東海林幹夫,認知症のバイオマーカー.認知症―研究・臨床の最先端.別冊医学のあゆみ(岩坪毅編).医歯薬出版株式会社,東京 2011, 33-40
  22. 東海林幹夫,I.症候と鑑別診断,知的機能障害と認知症,今日の神経治療指針 第2版 水澤英洋編,医学書院,東京(印刷中)
  23. 瓦林毅,東海林幹夫,アルツハイマー病の診断マーカー.よくわかって役に立つ認知症のすべて 改訂第3版 平井俊策編 永井書店,大阪,2011, 147-160
  24. 瓦林毅,認知症研究に用いられる動物・細胞実験モデル 遺伝子改変モデル APP/PS-1.日本臨床増刊号 認知症学(上)-その解明と治療の最新知見-,日本臨床社 大阪,2011, 256-261
  25. 瓦林毅,アルツハイマー病モデル.疾患モデルマウス・ラット活用ハンドブック完全版.秋山徹,河府和義,奥山隆平編,羊土社,東京,??年254-276
  26. 若佐谷保仁:第15章,脳卒中を疑う症状.弘前大学出版会「脳を知る」シリーズ,第1巻「脳卒中を知る」佐藤敬,若林孝一編 弘前大学出版会,弘前,2011,64-69

公的研究費補助金(2016)

東海林幹夫

  1. 厚生労働科学研究補助金 分担研究者
    研究課題名:特定疾患対策研究事業,アミロイドーシスに関する調査研究
  2. 厚生労働科学研究補助金 分担研究者
    研究課題名:FDG-PETによるアルツハイマー病の診断に関する多施設共同研究
  3. 文部科学省研究費補助金(基盤研究C)研究代表者
    研究課題名:Alzheimer病の病態修飾薬の開発と臨床応用
  4. 国立研究法人日本医療研究開発機構(AMED)認知症研究開発事業選択課題 分担研究者
    研究課題名:適時適切な医療,ケアを目指した,認知症の人等の全国的な情報登録・追跡を行う研究
  5. 文部科学省研究費補助金(基盤研究C)研究代表者
  6. 国立研究法人日本医療研究開発機構(AMED)長寿・障害総合研究事業 認知症研究開発事業選択課題 分担研究者
    研究課題名:家族性アルツハイマーに関する縦断的観察コホート研究

瓦林毅

  1. 文部科学省研究費補助金(基盤研究C)研究代表者

中村 琢洋

  1. 医学研究科活性化基金(若手研究特別助成金)研究代表者

公的研究費補助金(2015)

東海林幹夫

  1. 厚生労働科学研究補助金 分担研究者
    研究課題名:特定疾患対策研究事業,アミロイドーシスに関する調査研究
  2. 厚生労働科学研究補助金 分担研究者
    研究課題名:FDG-PETによるアルツハイマー病の診断に関する多施設共同研究
  3. 弘前大学機関研究 分担研究者
    研究課題名:新しいアイチエイジング方の創出による脳変性疾患予防の開発
  4. 厚労科研費委託費 分担研究者
    研究課題名:時間軸を念頭に適切な医療・ケアを目指した、認知症の人等の全国的な情報登録・連絡システムに関する研究
  5. 文部科学省研究費補助金(基盤研究C)研究代表者
  6. 厚労科研費委託費 分担研究者
    研究課題名:常染色体優性アルツハイマー病に関する縦断的観察コホート研究の遺伝子解析研究(DIAN-J)

瓦林毅

  1. 文部科学省研究費補助金(基盤研究C)研究代表者

中村 琢洋

  1. 医学研究科活性化基金(若手研究特別助成金)研究代表者

公的研究費補助金(2014)

東海林幹夫

  1. 厚生労働科学研究補助金 分担研究者
    研究課題名:特定疾患対策研究事業,アミロイドーシスに関する調査研究
  2. 厚生労働科学研究補助金 分担研究者
    研究課題名:FDG-PETによるアルツハイマー病の診断に関する多施設共同研究
  3. 北興化学受託研究費:分担研究者
    研究課題名:組み替えダイズによるワクチンペプチドの開発
  4. 弘前大学機関研究 分担研究者
    研究課題名:難治性脳疾患の統合的病態解析と根本的治療法の開発
  5. 研究課題名:NEDO脳画像・臨床・ITの融合によるアルツハイマー病の超早期診断と先制医療の実現 分担研究者
  6. 平成25年度老人保健健康増進事業(厚生労働省)
  7. 研究課題名:家族性アルツハイマー病の人及びその家族に対する支援体制に関する調査研究事業,事業担当者 分担研究者
  8. 厚労科研費委託費 分担研究者
    研究課題名:家族性アルツハイマー関する縦断的観察コホート研究

瓦林毅

  1. 文部科学省研究費補助金(基盤研究C)研究代表者

若佐谷保仁

  1. 科研費 若手研究B 研究代表者

公的研究費補助金(2013)

東海林幹夫

  1. 厚生労働科学研究補助金 研究分担者
    研究課題名:特定疾患対策研究事業,アミロイドーシスに関する調査研究,
  2. 厚生労働科学研究補助金 研究分担者
    研究課題名:認知症・治験ネットワークの構築とネットワークを利用した認知症臨床研究の推進に関する研究
  3. 北興化学受託研究費:研究分担者,組み替えダイズによるワクチンペプチドの開発
  4. 弘前大学研究費 心の遺伝子リポジトリ形成
  5. 弘前大学機関研究 難治性脳疾患の統合的病態解析と根本的治療法の開発(伊東健代表)分担研究
  6. 認知症に関する遺伝子の分子遺伝学的研究,平成25年度新潟大学脳研旧施設共同利用・共同研究
  7. 平成25年度老人保健健康増進事業(厚生労働省):家族性アルツハイマー病の人及びその家族に対する支援体制に関する調査研究事業

松原悦朗

  1. 文部科学省研究費補助金(挑戦的萌芽研究)研究代表者,23~24年度研究課題名:Aβオリゴマーカルシウムチャンネルに着目したアルツハイマー病神経変性機構の探索, 代表.
  2. 唐牛記念医学研究基金助成金A, 画期的Aβ重合体特異的ワクチン療法の開発, 代表.

瓦林毅

  1. 文部科学省研究費補助金(基盤研究C)研究代表者

若佐谷保仁

  1. 文部科学省研究費補助金若手研究B

公的研究費補助金(2012)

東海林幹夫

  1. 文部科学省研究費補助金(挑戦的萌芽研究):研究代表者,
    23~24年度, 研究課題名: アルツハイマー病のあらたなバイオマーカーの探索
  2. 北興化学受託研究費:研究分担者,研究課題名:組み替えダイズによるワクチンペプチドの開発
  3. 厚生労働科学研究補助金 研究分担者
    研究課題名:特定疾患対策研究事業,アミロイドーシスに関する調査研究
  4. Step:三菱メディエンス,研究分担者
    神経変性疾患バイオマーカーの臨床的検証と早期実用化
  5. 厚生労働科学研究補助金 研究分担者
    研究課題名:認知症・治験ネットワークの構築とネットワークを利用した認知症臨床研究の推進に関する研究
  6. 弘前大学 心の遺伝子リポジトリ形成
  7. 弘前大学機関研究 難治性脳疾患の統合的病態解析と根本的治療法の開発(若林孝一代表)分担研究
  8. 科研費獲得支援事業
  9. 平成24年度学長指定重点研究
  10. 認知症に関する遺伝子の分子遺伝学的研究,平成24年度新潟大学脳研旧施設共同利用・共同研究(課題番号2410)

松原悦朗

  1. 文部科学省研究費補助金(挑戦的萌芽研究)研究代表者,23~24年度研究課題名:Aβオリゴマーカルシウムチャンネルに着目したアルツハイマー病神経変性機構の探索, 代表.
  2. 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発・橋渡し促進技術開発 研究分担者 研究課題名:AD、MCI診断マーカーに関する技術開発(分担).
  3. 厚生労働科学研究費補助金, 漢方方剤「抑肝散」によるアルツハイマー病BPSD軽減効果の検証―プラセボ対照無作為化臨床第Ⅱ相比較試験, 代表者荒井啓行(分担).
  4. 厚生労働省長寿医療研究委託費(指定研究), オミックス情報を基礎としたバイオマーカー分子の探索研究, 代表者新飯田俊平(分担).
  5. 科学技術振興機構研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディ(FS)・ステージ 起業検証タイプ, コンフォメーション病の画期的な根本的予防治療法開発に関する研究, 代表. 
  6. 唐牛記念医学研究基金助成金A, 画期的Aβ重合体特異的ワクチン療法の開発, 代表.
  7. 弘前大学学長指定重点研究, 認知機能障害の新たな病態解明による画期的病態修飾薬の開発, 代表者東海林幹夫(分担).

瓦林毅

  1. 文部科学省研究費補助金(基盤研究C)研究代表者
  2. 平成23年度第2回研究成果展開事業A-SEP,研究代表

若佐谷保仁

  1. 科研費 若手研究B

仲田崇

  1. 平成24年度弘前大学若手研究者支援事業,バイオマーカーを指標とした認知症の治療法開発

診療実績(2016)

外来患者延数

外来(新患)患者延数 449人 外来(再来)患者延数 4,240人

外来(新患)疾患名(重要な疾患名)と症例数(比率)

1 パーキンソン病 (8%) 6 多発性硬化症 (2.0%)
2 アルツハイマー病 (8.0%) 7 レビー小体型認知症 (2.0%)
3 軽度認知障害 (8.0%) 8 重症筋無力症 (1.0%)
4 脊髄小脳変性症 (3.0%) 9 脳炎 (1.0%)
5 脳梗塞 (3.0%) 10 運動ニューロン疾患 (1.0%)

外来(再患)疾患名(重要な疾患名)

1 アルツハイマー病 6 筋萎縮性側索硬化症
2 パーキンソン病 7 脊髄小脳変性症
3 多発性硬化症 8 レビー小体型認知症
4 重症筋無力症 9 脳梗塞
5 多発性筋炎 10 脳炎
担当医師人数 平均  2人/日 看護師人数 平均  1人/日

専門外来名・開設日

もの忘れ外来 毎週水曜日・午前
神経変性疾患外来 毎週月曜日・午前
ボトックス外来 毎週金曜日・午後

専門医の名称と人数

日本内科学会指導医 3人
日本内科学会総合内科専門医 1人
日本内科学会認定内科医 5人
日本老年医学会指導医 1人
日本神経学会指導医 3人
日本神経学会神経内科専門 4人
日本脳卒中学会脳卒中専門医 1人
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医 1人
日本認知症学会指導医 2人
日本認知症学会専門医 3人

入院疾患名(重要な疾患名)

多発性硬化症 21人( 20.0%)
重症筋無力症 9人(8.7%)
多系統萎縮症 7人( 6.8%)
脊髄小脳変性症 4人(3.9%)
筋萎縮性側索硬化症 4人(3.9%)
パーキンソン病 4人( 3.9%)
筋強直性ジストロフィー 3人(2.9%)
脳炎 3人(2.9%)
大脳皮質基底核変性症 3人( 2.9%)
脳梗塞 2人( 1.9%)
てんかん 2人( 1.9%)
急性散在性脳脊髄炎 2人( 1.9%)
脊髄炎 2人( 1.9%)
ギランバレー症候群 1人( 1.0%)
ビッカースタッフ脳幹脳炎 1人( 1.0%)
脳硬膜動静脈癆 1人( 1.0%)
慢性炎症性脱髄性多発神経炎 1人( 1.0%)
ランバートイートン症候群 1人( 1.0%)
封入体筋炎 1人( 1.0%)
総数 103人
死亡数(剖検例) 0人( 0例)
担当医師人数 2人/日

【特殊検査例,特殊治療例,手術例,特殊手術例】
ア.特殊検査例

項目 例数
①筋電図 53
②神経伝導検査 50
③反復性筋電図 10
④認知症検査(容易) 154
⑤認知症検査(極めて複雑) 110

イ.特殊治療例

項目 例数
①ボトックス治療 38
②脳血管障害リハビリテーション 378
③ 認知症リハビリテーション 372

診療実績(2015)

外来患者延数

外来(新患)患者延数 390人 外来(再来)患者延数 4,224人

外来(新患)疾患名(重要な疾患名)と症例数(比率)

1 アルツハイマー病 (10%) 6 重症筋無力症 (2.0%)
2 パーキンソン病 (9.0%) 7 筋萎縮性側索硬化症 (2.0%)
3 軽度認知障害 (6.0%) 8 レビー小体型認知症 (2.0%)
4 脳梗塞 (5.0%) 9 多系統萎縮症 (1.0%)
5 多発性硬化症 (2.0%) 10 脊髄小脳変性症 (1.0%)

外来(再患)疾患名(重要な疾患名)

1 アルツハイマー病 6 筋萎縮性側索硬化症
2 パーキンソン病 7 脊髄小脳変性症
3 多発性硬化症 8 多系統萎縮症
4 重症筋無力症 9 レビー小体型認知症
5 多発性筋炎 10 脳梗塞

入院疾患名(重要な疾患名)

神経変性疾患 25人( 32.1%)
脱髄性疾患 18人(23.1%)
炎症性疾患 7人( 9.0%)
神経筋接合部疾患 6人(7.7%)
認知症疾患 6人(7.7%)
末梢神経障害 4人( 5.1%)
脳血管障害 3人(3.8%)
悪性腫瘍・関連疾患 2人(2.6%)
機能的神経疾患 2人( 2.6%)
筋疾患 1人( 1.3%)
精神科・心療内科的疾患 1人( 1.3%)
その他 3人( 3.8%)
総 数 69人

特殊検査例(外来)

項目 例数
①末梢神経伝導検査 50
②筋電図 54
③反復刺激誘発筋電図 5
④認知機能検査(容易) 163
⑤認知機能検査(極めて複雑) 55

特殊治療例(外来)

項目 例数
①ボトックス治療 30
②脳血管障害リハビリテーション 91
➂認知症リハビリテーション 11

診療実績(2014)

外来患者延数

外来(新患)患者延数 509人 外来(再来)患者延数 4,601人

外来新患疾患名(重要な疾患名を適宜)と症例数(比率)

1 軽度認知障害 (7.2%) 6 脊髄小脳変性症 (2.0%)
2 アルツハイマー病 (6.8%) 7 重症筋無力症 (1.7%)
3 パーキンソン病 (6.8%) 8 筋萎縮性側索硬化症 (1.6%)
4 脳梗塞 (5.7%) 9 多発性硬化症 (1.3%)
5 レビー小体型認知症 (3.5%) 10 脳炎 (1.1%)

外来再来疾患名(重要な疾患名を適宜)

1 アルツハイマー病 6 重症筋無力症
2 レビー小体型認知症 7 多発性硬化症・視神経脊髄炎
3 パーキンソン病 8 脊髄小脳変性症
4 軽度認知障害 9 筋萎縮性側索硬化症
5 脳梗塞 10 進行性核上性麻痺

入院疾患名(重要な疾患名を適宜)

認知症疾患 3人( 4.3%)
神経変性疾患 23人(33.3%)
脳血管障害 2人( 2.9%)
脱随性疾患 13人(18.8%)
炎症性疾患 5人(7.2%)
悪性腫瘍・関連疾患 0人( 0%)
末梢神経障害 5人(7.2%)
神経筋接合部疾患 10人(15.0%)
筋疾患 6人( 8.7%)
機能的神経疾患 2人( 2.9%)
精神心療内科的疾患 0人( 0%)
その他 0人( 0%)
総 数 69人

特殊検査例(外来)

項目 例数
①末梢神経伝導検査 63
②針筋電図 85
③反復刺激誘発筋電図 6
④認知機能検査(容易) 167
⑤認知機能検査(極めて複雑) 103

特殊治療例(外来)

項目 例数
①ボトックス治療 25
②脳血管障害リハビリテーション 667

診療実績(2013)

外来患者延数

外来(新患)患者延数 483人 外来(再来)患者延数 5,654人

外来新患疾患名(重要な疾患名を適宜)と症例数(比率)

1 アルツハイマー病 (8%) 6 重症筋無力症 (2%)
2 脳梗塞 (6%) 7 脊髄小脳変性症 (2%)
3 パーキンソン病 (5%) 8 パーキンソン症候群 (2%)
4 軽度認知障害 (3%) 9 多発性硬化症 (1%)
5 レビー小体型認知症 (3%) 10 筋萎縮性側索硬化症 (1%)

外来再来疾患名(重要な疾患名を適宜)

1 アルツハイマー病 6 重症筋無力症
2 脳梗塞 7 多発性硬化症・視神経脊髄炎
3 パーキンソン病 8 脊髄小脳変性症
4 軽度認知障害 9 筋萎縮性側索硬化症
5 レビー小体型認知症 10 多発性神経根炎

入院疾患名(重要な疾患名を適宜)

認知症疾患 5人( 7.7%)
神経変性疾患 23人(35.4%)
脳血管障害 1人( 1.5%)
脱随性疾患 10人(15.4%)
炎症性疾患 4人(6.2%)
悪性腫瘍・関連疾患 0人( 0%)
末梢神経障害 4人(8.2%)
神経筋接合部疾患 10人(15.4%)
筋疾患 3人( 4.6%)
機能的神経疾患 2人( 3.1%)
精神心療内科的疾患 0人( 0%)
その他 3人( 4.6%)
総 数 65人

特殊検査例(外来)

項目 例数
①末梢神経伝導検査 61
②針筋電図 84
③反復刺激誘発筋電図 5
④認知機能検査(容易) 198
⑤認知機能検査(極めて複雑) 108

特殊治療例(外来)

項目 例数
①ボトックス治療 30
②脳血管障害リハビリテーション 767