講座特徴

医学部生の皆様へ

神経内科は原因が体にあり、症状も体に出現する病を持つヒトと向き合う内科の専門分野です。原因が心にあり症状が体に出る心療内科、症状も心に出る精神科とは異なり、専門性を有しながらも呼吸・循環管理など内科的全身管理を担当します。ヒトがヒトでいられる臓器が脳であることは周知の事実ですが、神経内科はこの脳の健康を保つためのプライマリー・ケアーを積極的に担当します。生活習慣病やメタボリックシンドロームを基盤として発症する脳血管障害(脳卒中)、世界一の長寿社会と引き替えに背負う羽目になった負の遺産たる認知症(アルツハイマー病など)やパーキンソン病など、救急医療から、難病医療、在宅・介護医療、地域医療へと非常に間口の広い領域で、新規診断法や治療法を世界に向け発信していく責務も負っています。

学生諸君の将来の人生設計に不可欠な臨床的キャリアパス(内科認定医、神経内科専門医、脳卒中専門医、脳血管内治療専門医、認知症専門医、老年医学専門医など)や基礎的キャリアパス(医学博士)取得プログラムも確立しています。日々の日常診察の中で自然にわき上がるアイデアや神経科学での関心を、弘前大学では希有な、その潤沢な公的研究費、また国家的プロジェクトを後ろ盾に臨床研究へと積極的に展開しています。松原准教授が開発したアルツハイマー病の抗体療法は既に製薬会社の手で数年後の臨床試験から臨床現場への還元を目指しギアーチェンジしています。こうした基礎研究から臨床研究へのトランスレーショナルリサーチは世界の最先端レベルと極めて高い評価を得ています。

考える臨床を展開する診療と、自由快活な臨床研究・基礎研究の環境は弘前大学で抜きんでており、学生諸君が自らの目で、体で、我が神経内科学教室を体感することを歓迎します。