後期研修医

後期研修医に向けたメッセージ

ヒトをヒトたらしめている脳や、脊髄、末梢神経、神経筋接合部、筋肉に病を持つヒトと向き合うのが神経内科医です。専門性を有しながらも呼吸・循環管理など内科的全身管理診療を担当します。超高齢社会の到来に伴い、認知症(アルツハイマー病など)やパーキンソン病など今後も患者数が飛躍的に増加する慢性疾患やその在宅・介護医療から、社会的に関心の高い生活習慣病やメタボリックシンドロームを基盤として発症する脳血管障害(脳卒中)の救急医療やリハビリまで、神経内科対象疾患は多彩です。従って神経内科は諸君が目指すべき対象を見つけることができる領域であり、かつ一生をかけて取り組むに値する分野です。教育熱心な神経内科スタッフとともに後期臨床研修をすすめていくことで、独自の診断技術や専門性に裏打ちされた神経内科的知識を身につけ武装することが可能で、社会的ニーズに応えることのできる医師となることができます。

さらに弘前大学神経内科では臨床医学のおもしろさを体験しつつ、諸君の今後にとって重要な臨床的キャリアパス(内科認定医と神経内科専門医、脳卒中専門医、脳血管内治療専門医、認知症専門医、老年医学専門医など)を取得できるプログラムが確立されています。また日々の弘前大学神経内科が実践する“考える臨床診療”の中で自ずとわき上がってくる神経科学への興味にも対応して、学位取得という基礎的キャリアパスや国内・国外の留学・研修プログラムも準備・確立されています。こうしたキャリアパスの取得は、臨床医としての醍醐味を十分に味わうための出発点となり、諸君の将来の人生設計に大いに役立つことを強調したいと思います。

募集要項・プログラム

当科では後期研修医を応募しております。内科一般は勿論のこと、神経変性疾患、認知症、炎症性神経疾患、筋疾患などの神経内科全般における疾患について研修していただき、またcommon diseaseである脳卒中も関連病院で学んでいただきます。神経内科の手技である、腰椎穿刺、電気生理学的検査、筋生検、神経生検が短期間でマスターできるようにカリキュラムを組んであります。また、希望される方は大学院生として医学博士も取得可能です。

また、日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医、日本神経学会神経内科専門医、日本脳卒中学会専門医、臨床遺伝専門医、日本認知症学会専門医などの資格を取得できます。

詳細につきましては、当教室にお問い合わせください。

お問い合わせ

弘前大学神経内科卒後教育プログラムの要点

先輩の声

中村 琢洋(平成24年卒)

「神経内科」という科は、多くの誤解や偏見を持たれがちな科だと思っています。

治らない?→治ります。実際に来て、見てみて下さい。

研究ばかりしている?→臨床も研究も、当然のようにやっています。どちらも絶対的に必要な事です。臨床をせずに患者さんが治りますか?研究をせずに患者さんが治りますか?

難しい?→専門性は高いです。そして重症の神経疾患と戦うためには、非常に幅広い知識と高い技術も求められます。人の命を預かる分野で、簡単な学問などはありません。

高齢化が進むにつれ、急激に神経内科医のニーズが高まっています。このページを見ている方々は、多かれ少なかれ神経内科という科に興味を持って下さっている方だと思います。そんな貴方が今、必要とされているんです。

そして知っての通り、医師としてのキャリアを積むためには、大学病院での後期研修が圧倒的に有利です。広い人脈や、日本国内に留まらない経験を得る事は、大学病院でしかできない高い利得です。是非とも後期研修では、大学病院を選択して下さい。

治す事のできる疾患を迅速に見つけ治療し、まだ治せない疾患の治療法を見つける。私はそんな事がしたくて医師になりました。ここは、そんな事ができる場所なんです。わくわくしませんか?まずは一度、見学に来てみて下さい。

仲田 崇(平成17年卒)

広く奥深い脳神経疾患に興味がある研修医の皆さん、後期研修の場として弘前大学脳神経内科で一緒に働き、共に学びませんか?

後期研修医の立場では、病棟業務がメインとなりますが、大学病院では決して偏ることなく幅広く脳神経疾患を経験することが出来ます。重症度も精査入院から人工呼吸管理や血液浄化などの全身管理が必要な重症患者まで、ICUなどで他科の協力のもとでさまざまに診療経験を積むことが出来ます。また、脳神経内科疾患には幅広い内科の知識も必要ですので、初期研修で修得した知識やスキルは決して無駄ではありません。

脳神経分野は非常に専門性が高く、特殊な印象を持たれがちですが、新しい治療法も開発され、今後の発展に期待が持てる内科のメジャーな分野です。ますます高齢化の進む地域医療の現場では、神経内科の知識や考え方、スキルは今後の医療において重要な位置を占め、脳神経疾患や高齢者医療に興味がある先生にとって医師としてやりがいのある活躍の場となると思います。このような社会的にも患者様からのニーズの高い脳神経内科に興味と情熱のある先生方は、是非一緒に働き、共に学びましょう!まずは、一度見学に来てみてください。

若佐谷 保仁(H15年卒)

初期研修の修了をひかえ、神経分野に興味を持っている方は、私たちのところで一緒に仕事をしてみませんか。
業務内容は、病棟業務と関連病院での外来業務が主になります。大学病院という性質上、common diseaseの患者さんの入院はなかなかありませんが、その分様々な神経内科疾患の患者さんを経験する機会があります。また、関連病院で外来業務を行うことにより、より様々な疾患の患者さんの診療を行うことが出来ます。

更に、大学院に進学したい、神経分野の研究をやっていきたい、という希望があるのでしたら大学の教室に所属することは研究を行っていく上で有利です。神経内科教室では、アルツハイマー病などの神経変性疾患、脊髄小脳変性症などの遺伝性疾患の研究を行っています。臨床も研究も勉強したいと考えている人にはよい環境ではないでしょうか。
昨今の医療を巡る問題の中に医師不足があり、我々にとっても他人事ではない状況ですが、よりよい教室を作っていくために皆で協力しあい頑張っています。もし神経内科に興味を抱かれたようでしたら、ご一報頂けたら幸いです。