神経内科概要

外来診療案内

外来弘前大学脳神経内科では青森県全域をはじめとして道南、北東北一円における唯一の神経内科高度診療機関として、脳血管障害などの急性疾患から神経難病や認知症の在宅医療まで広い領域で神経内科専門医療を行っております。特に、認知症、パーキンソン病、神経難病や末梢神経・筋疾患の診断および治療では全国的にもトップレベルを誇っています。多数の患者様が受診されており、最新の薬物を用いた治療の経験が豊富です。昨年には青森県内で唯一の日本認知症学会教育施設に認定されました。また、青森県内で唯一の遺伝子カウンセリングを行っています。関連病院、難病ネットワークや家族会とも提携して脳・神経、筋疾患の診療拠点として活動しております。

専門外来としては、もの忘れ外来(アルツハイマー病を初めとする認知症疾患)、パーキンソン病外来(パーキンソン病およびパーキンソン症候群)、神経変性疾患外来(脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)、免疫性神経疾患(多発性硬化症、重症筋無力症、ギランバレー症候群、CIDPなど)、ボトックス外来(眼瞼けいれん、片側顔面けいれんなどへのボツリヌス注射)を診療しております。疑問点等ございましたら神経内科外来にお問い合わせください。

初めて神経内科を受診する方は火・木曜日の新患日に紹介状をお持ちになって受診して下さい。新患受付は10時半までです。各専門外来の受診は予約制になっております。

外来担当医師及び専門分野

氏名 職名 専門分野
東海林 幹夫 教 授 臨床神経内科学、内科学、脳血管障害、認知症
瓦林 毅 准教授 ・ 臨床教授 臨床神経学、内科学、認知症、神経変性疾患
清野祐輔 助 教 臨床神経学、内科学
廣畑美枝 助 教 内科学、臨床神経学、認知症
中村琢洋 助 手 内科学、臨床神経学
若佐谷 保仁 非常勤講師 内科学、臨床神経学、神経生理学

専門再来・曜日・主な担当医師

専門外来 曜 日 主な担当医師
パーキンソン病・免疫疾患外来 瓦林毅
神経内科新患外来 火・木 東海林幹夫、瓦林毅、清野祐輔、若佐谷保仁
物忘れ外来 東海林幹夫、瓦林毅
ボトックス 中村琢洋
神経変性疾患外来 中村琢洋